« ムチその4 ~小学生時代~ | トップページ | ムチその6 ~ムチの終焉~ »

2010年11月 4日 (木)

ムチその5 ~ムチの理由~

ムチの理由は最初、集会できちんと聞いていなかったこと、集会後に騒いだことでした。
しかし、小学生になるころには、男の子特有のやんちゃ、悪戯に母が怒ってムチをするということが多くなってきました。
さらに、母親の怒りのやつあたりとしか思えないムチも増えてきました。

例えば、小学生のときは外で遊ぶというのが基本でした。
私はいつも妹と遊びに行ってましたが、弟はまだ赤ちゃんで眠っていました。
外に行くときにドアを開けて閉めるのですが、音を出さないようにするのが小学生の腕力では困難でした。
市営住宅の鉄の扉は重たかったからです。
それでガチャンとなって、弟が目を覚まし泣くと
「待ちなさい」と怒って叫ぶ声が聞こえ、
「起きたじゃないのどうしてくれるの」とガミガミどなられ、
「お尻出しなさい」と何十回もたたかれ、その後、正座2時間というかんじでした。

とはいえ、小学生1,2年のときは、学校の先生から保護者面談で

「いちからしつけをやり治した方がいいですよ」と言われたこともあってか、ムチより、蹴る、殴る、叩く、押し飛ばす、正座といった古典的な体罰が増えてきました。

今思えば、子供が思い通りにならないことへの苛立ちをダイレクトにぶつけてきたのだと思います。

父は「そんなに怒らなくてもいいじゃないか」と言ってましたが母は「一日中一緒にいたらイライラするのよ。私の気持ちがあなたには分からないのよ。」と実際に言ってました。

ときには、怒り狂った母による数十分におよぶムチというのもありました。そのときは、おしっこがでそうになったといい、中断させて、母の怒りをさめさせていました。

体罰の賛否は色々と意見が分かれるところですが、体罰を受けた身としてはお勧めできません。

なぜなら、体罰を与えた人へ恨みが残るからです。

母へのムチされたことに対するうらみはいまだに消えません。

« ムチその4 ~小学生時代~ | トップページ | ムチその6 ~ムチの終焉~ »

ムチの話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムチその5 ~ムチの理由~:

« ムチその4 ~小学生時代~ | トップページ | ムチその6 ~ムチの終焉~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。