« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ブログのアクセス解析を見てふと思ったことその2 ~アクセス推移~

ブログのアクセス解析で、アクセス推移が判る機能があります。

ブログを始めたのは10月なので、4ヶ月が経とうとしています。

これまでのアクセス推移は下図のとおりです。

Suii_2
最初は、訪問者数が数人という寂しい感じでした。

10月の下旬に、どせいさんの掲示板にURLを貼ったところ、2,30人が見てくれるようになりました。

11月中旬から漸増していますが、これは、オトカさんがリンクを貼ってくれたおかげです。

12月もやや漸増傾向がありますが、これはArlecchino さんがリンクを貼ってくれたおかげです。

1月もやや漸増傾向にありますが、これは検索サイトでヒットするようになったからです。

こうやって、訪問者が増えていくのはエホバの祝福でしょう。

まぁ、よく4ヶ月も続いたと思います。

これからも懐古していきますのでよろしくお願いします。

2011年1月28日 (金)

あんな人こんな人その3 ~あれだめこれだめ姉妹~

大学生のある日、松井姉妹と伝道活動をしました。

その姉妹は、40代後半で2人のお子さんがいます。

話の中で、映画の話になり、私が

「もののけ姫を見たいと思っている」と言ったところ、

「兄弟!それは心霊術よ。判らないの?」と注意されました。

あと、

「もしかしてハリーポッターも見たの?」と聞かれました。

そして「あれこそ心霊術の塊よ。魔法よ。すぐにわかるでしょう?」とまくしたてられました。

当時はたじたじになりつつ、

「なるほどですね。勉強になりました。ありがとうございます。」と答えていました。

今思えば、娯楽を禁じる風潮があったなぁと思います。

そういえば、宗教は娯楽を何かと禁じるな~。

2011年1月26日 (水)

結婚への道その1 ~婚約~

いつも、彼女が結婚したいと言うので、先日、

「いつ結婚したい?」と聞きました。

「明日にでも籍入れられるじゃん」と言う答えが返ってきました。

非常に前向きな回答です。

よほど結婚したいのでしょう。

それで、私がそのように聞いたことで、

彼女としては、すっかりプロポーズされた気分になっているようです。

私としても自分と結婚したいと言う人と、結婚することが幸せだと思います。

さて、これから親との調整をしなければいけません。

2011年1月24日 (月)

あんな人こんな人その2 ~国家公務員を辞めた人~

Jihyou_2  キャリア官僚ではなくⅢ種ですが、国家公務員として安定した地位と収入を得ている、村重兄弟という人がいました。

ちなみに、この村重兄弟は、大学時代の私の恋路を邪魔したむかつく野郎であり、この先ちょくちょく

出てきますので、頭の片隅にでも入れておいてください。

彼は、なんと30前にして、国家公務員を辞めて、開拓者として歩み始めました。

まさしく狂信者としか思えません。ある意味、私と間逆のパターンです。

村重兄弟とは、ちょくちょく小競り合いをしてましたので、色々と話をしました。

「なぜ、公務員と言う安定した地位を捨てて、開拓奉仕を始めたのですか?」

と聞いたところ、

「同居している開拓者の兄弟から『パートで開拓は霊的に満たされて祝福が多く、真に幸福な成功する生き方だよ』

と言われ続け、土日にしか奉仕活動ができない自分は週末クリスチャンで幸福ではないと考えるようになり、

24時間クリスチャンになるために、公務員を辞めて開拓奉仕を始めた」

と言いました。

まぁ、一般的な視点から見れば突っ込みところ満載ですが、若き日の私も

「職場と言う畑を耕せばいいんじゃないですか?」

と突っ込んでみました。

「職務専念義務があるから、仕事中に証言はできないのよ。」

と返されました。

「それじゃあ、平日に奉仕しても、全時間で働いている人に会えないから意味ないのでは?」

とまた突っ込んでみました。

「エホバは結果ではなく過程を見て評価されるからね。」

と返されました。

まぁ、その後もちょくちょく突っ込んでみましたが、その話はまた後日と言うことで。

ちなみに今は、MTS卒の長老として人格的にも立派に活躍されているようです。

2011年1月21日 (金)

給料日

やほほーい(・∀・) 今、昼休みです☆

今日は給料日でした。そして毎年1月は昇給日でもあります。Shoukyuu_4

今年はベアと合わせて7000円弱の昇給でした。

決して多くはない額ですが、このデフレの時代に昇給するだけマシと考えます。

中には、給料が減ったという人もいるでしょうから。

そういえば、大学生時代にパート開拓者が、

「お金が必要になれば仕事を増やせばいい。」

と言ってましたが、

当時も、昇給するような職場で働くことが一番だと思いました。

大卒6年目でかれこれ、5万くらい昇給しています。

たかが、5万、されど5万、パートなら時給1000円でも50時間増やさなければいけない金額です。

そんなに働けるわけないでしょう。

この1週間、たかだか40時間働いただけで、クタクタな虚弱体質の私では。

そういう意味で、パート開拓者にならずに済んだことをエホバに感謝します。

2011年1月19日 (水)

あんな人こんな人その1 ~思い込みが激しい姉妹~

Omoikomi 組織は人の集まりです。そのため、どんな組織でも多かれ少なかれ人間関係が重要となってきます。

エホバの証人組織についていえば、何か生産的な活動をするわけでもないので、

人間関係が一番重要になってくると思います。

私も、色々な人と関わってきました。その懐古話をしたいと思います。

ある会衆に進取の気性を持つ奉仕の僕の兄弟がいました。

その会衆では、長いこと男女混合のレクレーションが禁止されていました。

ところがその兄弟は、適切な監督のもと行われる男女混合のレクレーションが

雑誌の写真に出てくることから、そのようなレクレーションを企画、実施しました。

それで色々な兄弟、姉妹を誘ったわけですが、その中に思い込みの激しい姉妹がいました。

その姉妹は、

「私のことが好きだから、誘ったのでしょ?」と兄弟に言いました。兄弟は

「いや、皆を誘うことにしているよ。違うよ」と否定しました。

すると、「いや、私のことが好きだから、わざわざこんな企画をしたに違いない。

それなのに否定するとは私の心をもてあそんだ」と長老に訴えました。

その結果レクレーションはなくなりました。

全く、思い込みの激しい、迷惑な姉妹です。

こんな人、世の会社にはいないぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!

2011年1月17日 (月)

オフィス街の奉仕 ~我が職場にもエホバの証人が来た~

Ofi_2  今日、アルバイトのおばさんが

「諸葛さん、今、きれいなお姉さんが来たよ。見た?ヽ(´▽`)/」

って言って来ました。

実は、来客が視線に入る席なので、普段からきれいなお姉さんが来たら、

どこの人かをそのおばさんに聞いているのです^^;

ちなみにそのときは100%の集中力で出張の復命書を書いてたため、気づきませんでした。

それで、これを持って来たよ。と見せられたのは、ものみの塔と目覚めよ!と名刺でした。

思わず飲んでいたコーヒーを吹きそうになりました。

今の職場では私がエホバの証人関係者であることを誰も知りません。

それからちょっとエホバの証人の話になりました。

いつも土日によく来るとか、浄土真宗だからと言って断っているとかで、悪口はでませんでした。

来月あたり再訪問に来るのかな?と思い、

「また雑誌持って来たら、とりあえず住民対応担当ってことで俺が出る( ̄ー ̄)ニヤリ」

って話しました。

もちろん、きれいなお姉さんだからです。

ちなみに、きれいなお姉さんは

「責任者の方をお願いします。」と言ってきたのですが、

いつも職務中ですからと断っている課長が離席中だったので、

断らないやさしいアルバイトのおばさんが話を聞いて雑誌と名刺を受け取りました。

しかし、きれいなお姉さん姉妹も中々、名刺を持って乗り込んでくるとは中々の剛者です。

じっくり、どうやって洗脳されたか聞きたいものです。

2011年1月15日 (土)

センター試験 

Siken 毎年、一番寒い時期にセンター試験があります。

今日、明日のセンター試験も、寒く荒れた天気です。

かれこれ10年前のことです。私もセンター試験を受けました。

しかし、既に推薦入試で合格が決まってましたので、全くやる気になれませんでした。

成績は7割くらいだったと思います。

やはり、人間にはちょっと高めの目標が必要だなと思います。

私の言っていた大学では、駅弁大学( ´艸`)プププって感じでしたので、

駅弁大学の推薦入試は、上位30%位の成績であれば余裕なものでした。

そういうわけで大学入試勉強はほぼゼロです。

一般家庭のように勉強に対する反対がなく、推奨があれば、難関大学に行って、

キャリア官僚になりたかったなぁと思う今日この頃です。

とはいえ、今の職場で何とかってところなので、結局、親がどうであれ、結果は変わってなかったかもしれません。

2011年1月14日 (金)

禁じられたことその11 ~大学進学~

Daigaku 私がいた会衆では主催監督の長老によって大学禁止令が出されていました。

ちなみにその長老は早稲田大学を中退しています。

事実として、大学進学した2世は全員、不道徳で排斥されたため、大学=不道徳の温床というイメージがあり

大学進学なんてとんでもないという雰囲気がありました。

そういうわけで、高校1年生のときに進路希望調書を書くときに、母親に

大学進学希望の旨を伝えると、

「何とぼけたこと言ってるのかー」と狂乱説教を何時間もされました。

とはいえ、私は学校の勉強ができること以外は平均以下の男でしたので、

大学進学しないと未来はないと思っていましたため、その旨を伝えました。

それで、結局、エホバの証人活動を頑張ってバブテスマも受けたら

大学進学も許可すると言われました。

そういうわけで、内心嫌々ながら、エホバの証人活動に力を入れた高校生活でした。

ちなみに行った大学は実家から通うことが条件だったので、地方の駅弁大学です。

まぁ一応国立現役合格ってことで^^;

大学生になってからは、エホバの証人として、頑張ったので特に禁じられることもなくなりました。

そういうことで禁じられたシリーズはこれで終わりです。

2011年1月12日 (水)

ブログのアクセス解析を見てふと思ったことその1 ~検索ワード~

ブログのアクセス解析で、どんな検索ワードでヒットしたかが判る機能があります。

上位2は、

・エホバ

・エホバの証人

となっています。

恐らく、知人がエホバの証人だと知った人や、エホバの証人の訪問を受けた人が調べたのでしょう。

そこで思ったのですが、エホバの証人組織がインターネットの使用を否定的に見ているため、

私のような不良信者が、エホバの証人組織に対する否定的な文章をつづったブログが

エホバで検索すると出てきます。

このようなブログを見て一般人がエホバの証人に対して肯定的な見方をすることはないでしょう。

そこで、組織も、熱心な信者に、「エホバの証人ってこんなに楽しいんだ」というブログを書くことも

奉仕時間の一部として認め、エホバ、エホバの証人で検索すると出てくるようにした方が、

ネット全盛の時代、家から家へと回るよりも効果的だと思います。

電話証言と同じ要領でブログ証言を考えればいいのではないでしょうか?

ちなみに色々なところに類似した言葉で散らばっていますが、

検索ワードNo.3は4,6,13にあるのを足して オトカ jw でした。

それは違うブログのブロガーじゃないですか(`ε´)

せめて諸葛 jwであって欲しいものです(´・ω・`)

ちなみにオトカさんが、リンクしてくださったおかげで訪問者数がグーンと伸びました。

あざーす(o ̄∇ ̄)/

Kensaku_2 

2011年1月10日 (月)

禁じられたことその10 ~世との交友~

Kodoku コリントの聖句に「世との交友は神との敵対です」とあるので、学校の友達と遊ぶことは禁止されていました。

特に、中学校、高校生時代、大学生時代は母親が狂信的でしたので、固く禁止されていました。

そのくらいの年齢になれば、母親に逆らう人もいますが、私はおとなしい性格だったので

また、エホバの証人が正しいと信じていたので、その掟にしたがっていました。

そういうわけで、高校時代は友達と過ごすことなく、一人で過ごしていました。

大学に入ってからは楽しく過ごそうと思い、サークルに入り、夜に遊びに行ったりしました。

すると、母親がお節介な奉仕の僕に根回しをし、半強制的に個人研究の予定を入れられました。

それ以来、友達と遊ぶことはなくなりました。

とはいえ大学時代は、決して孤独ではありませんでした。

自習室で一人で勉強していたら、勉強をするために大学に入ってきた同期が集まってきて、

自然と、勉強仲間になりました。

とはいえ、一緒に飲みに行ったり、遊びに行ったりしたことは1,2回しかありませんでした。

卒業してから、結婚式で集まったり、同窓会をしたりで飲んだ方が多いくらいです。

学生という一番、元気で群れて遊びたい時に、「世との交友」とガミガミ言われ、

集会や奉仕への強制参加をさせられ、遊べなかったことがどれだけ悔しいことか。

多感な学生時代の超インドア経験が今の人格形成に負の影を落としているような気がします。

2011年1月 7日 (金)

慰留

Iryuu 集会へ行かなくなって、しばらくたった頃、以前の記事とは別の長老が、自宅に訪問に来ました。

「最近、集会来ないけどどうしたん?」ってな感じで言ってきたので、

主催監督に、「集会への出席を0か100にしろって言われたんですよ」

「時速50kmしかでない原チャリで0kmにするのは可能ですけど、100km出すのは無理ですよね?」

「それと同じように私も出席を0にすることは可能ですけど、100にすることは無理なんです」

だから神に任命された長老に従って集会への出席をやめることにしたんです」

と答えました。

すると「それは一人の長老の勝手な決断であって長老団の決断ではないよ。だから集会に来てよ」

と慰留されました。

「ん~そうですねぇ。でも主催監督ですし、神から任命された長老の言葉なので重く受け止めて自主謹慎しておきます。」

と答えました。

「分かりました。またいつでも王国会館においでね」という感じで話は終わりました。

全く慰留のないのも寂しい話です。

貴重な時間を脱組織を決意した私に費やしてくださり、ありがたいことです。

2011年1月 4日 (火)

禁じられたことその9 ~柔道~

Judo しばらく、近況を書きましたが、懐古の禁じられたシリーズに戻ります。

イザヤ2章4節に「戦いを学ばない」という聖句があるため、

エホバの証人は武道を禁止されていました。

それで、挑戦となったのが、高校における柔道の授業です。

私が通っていた高校は進学校であったため、難なく、見学が許されました。

体育会系の高校は、柔道の時間に、ランニングとか草むしりとかを嫌がらせで

やらされたと聞きました。

とはいえ、1年生の時の先生は、「宗教上の理由で柔道はできません」と証言したときに、

「宗教上の理由とは具体的に何か?」と突っ込まれました。

「戦いを学ばないと言う信条です」と答えると、

「だったら受身を学ぶことはできるのではないか?」と突っ込まれました。

今であれば、柔道自体、戦いを学ぶことではないと思いますが、当時は

「戦いを学ぶことの一部なので参加できません」と答えていました。

すると「柔道も体育授業の一部なので参加すべきだろう」と言われました。

かなり、しどろもどろになり、「宗教の自由がありますから」と逃げました。

そういうやりとりがあり、準備運動だけ参加して、あとは見学レポート提出ということになりました。

皆が柔道着を着て、柔道をしている中、自分だけ体育着で準備運動をし、

その後、柔道場の隅で座っているのは、寂しくつらい時間でした。

2011年1月 1日 (土)

気持ち新たに

Hinode 新年、明けましておめでとうございます。

旧年中、コメントをいただいた方、ありがとうございます。

今年も、よろしくお願いします。

今年の目標は、脱組織・完、結婚、仕事上の資格取得です。

まぁ、旧年中にどれも軌道に乗ったので、目標としては低いかもしれません。

実はあまり上を目指さないねとか、職場でも言われています。

普通でいいんです。

今年もまったり、行きます(´ー`)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。