« ブログのアクセス解析を見てふと思ったことその1 ~検索ワード~ | トップページ | センター試験  »

2011年1月14日 (金)

禁じられたことその11 ~大学進学~

Daigaku 私がいた会衆では主催監督の長老によって大学禁止令が出されていました。

ちなみにその長老は早稲田大学を中退しています。

事実として、大学進学した2世は全員、不道徳で排斥されたため、大学=不道徳の温床というイメージがあり

大学進学なんてとんでもないという雰囲気がありました。

そういうわけで、高校1年生のときに進路希望調書を書くときに、母親に

大学進学希望の旨を伝えると、

「何とぼけたこと言ってるのかー」と狂乱説教を何時間もされました。

とはいえ、私は学校の勉強ができること以外は平均以下の男でしたので、

大学進学しないと未来はないと思っていましたため、その旨を伝えました。

それで、結局、エホバの証人活動を頑張ってバブテスマも受けたら

大学進学も許可すると言われました。

そういうわけで、内心嫌々ながら、エホバの証人活動に力を入れた高校生活でした。

ちなみに行った大学は実家から通うことが条件だったので、地方の駅弁大学です。

まぁ一応国立現役合格ってことで^^;

大学生になってからは、エホバの証人として、頑張ったので特に禁じられることもなくなりました。

そういうことで禁じられたシリーズはこれで終わりです。

« ブログのアクセス解析を見てふと思ったことその1 ~検索ワード~ | トップページ | センター試験  »

禁じられたことシリーズ」カテゴリの記事

コメント

大学進学を禁止されている組織の中で、大宅壮一の「駅弁大学」の意味が理解できる方って、あまり多くないのでしょう?

おそらく諸葛さん関係の掲示板では、私しか使わなかったのではないかしら?(゚m゚*)

ごめんね~~~うちは東京だけど、高校の同級生で経済的に国立医学部しか進学できない人たちが、皆駅弁に行ったのよ。だから印象が深かったの。w

でもね、日本では早慶上智あたり以外は、大学機能は駅弁でも国立に限るのよね。
それが日本の現実。(ちなみにドイツには国立大学しか存在しないけど、でもイギリスやアメリカは名門は全て私立。)

やはりその国のシステムに乗るための儀式よね、大学進学って。。

まぁ大学を話題にあげること自体、よくないという雰囲気がありましたからね。
ただ、私が大学に行った後は、エホバの証人として頑張ったので、
事実上大学解禁となりました。
欧米は私立でも、学力があれば、お金の問題が解決されるのだと思います。
それに比べ日本は、国立でも授業料が高いですからね。

アメリカは学費高いよ~かつて知人の学生がハーバートの奨学金(1500万位!)に落ちて、ニューヨーク大(国立で大分安い)に行った。

ドイツは学費は無料で、生活費としての奨学金も豊富。しかも夜も10時頃まで講義を取れるからバイトも出来るし、食費も私がいた当時でも学食では一人1日700円分くらいは援助されていたよ。

国立の学生寮も2万円位で個室だから、大学生になったら親元から自立して進学するのが普通。

日本の私立に下宿で通っているようなブルジョア学生は、あまりいないよ~ドイツには。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/38300203

この記事へのトラックバック一覧です: 禁じられたことその11 ~大学進学~:

« ブログのアクセス解析を見てふと思ったことその1 ~検索ワード~ | トップページ | センター試験  »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。