« 掴み取りたかった恋その2  ~一緒の群れになった~ | トップページ | 掴み取りたかった恋その3  ~村重兄弟参戦~ »

2011年2月 7日 (月)

母との会話その2  ~補助開拓の要求時間変更に関する指摘~

相互リンクさせていただいているオトカさんも、この記事で取り上げられていますが、

補助開拓者の要求時間が30時間に下がりました。

この話は、母親から

「補助開拓の時間が30時間にさがったのよ」

と何気ない会話のなかでききました。

私は、

「今までの30時間とこれからの30時間に価値の差はあると思う?」と聞きました。

さらに、

「価値はないってことは明快だよね?そうすると補助開拓者っていう称号も、価値の無いものだってことを組織が言っているようなものだよ」

と言いました。

そのうえ、「開拓者は、70時間奉仕しているけど、69時間59分との差ってあると思う?」

と言いました。

母親は回答に窮していたので、

「今の日本って成員が減っているよね?このことからも、開拓者も補助開拓者も散歩をしているに過ぎないんだよ」

「だから、30ウォーカー、70ウォーカーという言い方が適しているんだよ」

と言いました。

母親は、

「亮と話していると、信仰が弱まるわ」と言いました。

私は、

「信仰が弱まるんじゃないよ。そもそも信仰を持っていないんだよ。だから、俺の言うことで、疑問が生じるんだよ」

と言いました。

さらに、

「ほとんどの人は、信仰をもたないで、人間関係とか、雰囲気とかノリで活動しているんだよ。」

「そこで、組織は、エホバに調整されているんだよ。だから成員が増えないんだよ。俺は調整が終わるまで見守ってるよ」

と言いました。

まぁ、そんな感じの親子の会話でした。

狂信開拓者相手なら、「背教よ!背教よ!背教よ!」と怒り狂うのでしょうか。

« 掴み取りたかった恋その2  ~一緒の群れになった~ | トップページ | 掴み取りたかった恋その3  ~村重兄弟参戦~ »

私事」カテゴリの記事

コメント

確かに多くの主婦の方を見ていると(違う方もいますが)、
サークルぽいノリで居る方が多いような気がしますね。

そうですね。
正確な知識に基づく確固たる信仰を持っている人なんて
ほとんどいないと思います。

でもね、これから老化してゆく人から杖を取り上げなくてもいいんじゃない?

お母様は放置プレーでよろしいのでは?
今更反抗期ってわけでもないんだし~w

諸葛さん、結婚に際しては父親の了解を先に取ればそれで良いのでは?

四月だけ、キャンペーンのため、30時間の補助が、認められただけであって、申し込みの時に、30か、50にチェックするようになっています。5月からは、通常の補助50になりますが...
補助が、50から30に変更されてはないです。4月だけ、補助50に30が、追加されただけです。
4月に、30でも50でも、補助をしていれば、巡回訪問が、その月にあれば、開拓者の集まり全てに参加出来るんです。これは、補助を申し込みたくても、50時間出来ないために、補助を諦めていた人にたいしての配慮です。伝道者で、30入ってる人は、時間調整しなくても、30補助の申し込みはできますが、毎月20時間しか入らない人は、一つの目標として、30補助申し込みが、出来る。というわけです。

ねこさん、外堀から埋めているのですw

JWさん、子細了解です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/38659033

この記事へのトラックバック一覧です: 母との会話その2  ~補助開拓の要求時間変更に関する指摘~:

« 掴み取りたかった恋その2  ~一緒の群れになった~ | トップページ | 掴み取りたかった恋その3  ~村重兄弟参戦~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。