« 印象に残った聖句その2 ~人を許すということ~ | トップページ | 夏のボーナス »

2011年6月29日 (水)

エホバの証人組織を離れた理由その3 ~アウトプットのミスマッチ~

Misu 私は、大学時代からエホバの証人組織で頑張ることにしました。

その方針として、会衆の皆と会話する、注解を含蓄のあるものにする、宣教活動で成果をあげることに力を入れました。

会衆の皆と会話する、注解を含蓄のあるものにすることは、仲間内のことですし、個人の努力次第の部分もありますので

目に見えて成果は出ました。

しかしながら、組織が最も重要視する宣教活動での成果はでませんでした。

今思えば、組織の提案する証言方法には突っ込みどころ満載でした。

例えば、

ある国では、半数以上の人が幸せであるとアンケートに答えているのに、精神安定剤の消費量が世界一です。なぜだと思われますか?

という証言がありました。結論は、神に頼らないと心の平安は得られないというものでした。

ある国ってあまりに抽象的すぎないか?

幸せであるのは、衣食住整った先進国であり、精神安定剤を服用しているのは、幸せでないと答えた人ではないか?

発展途上国では、そもそも幸せじゃない人に精神安定剤を買う余裕があるわけないじゃないか?

などと、当時も思っていました。

しかし嬉々揚々として、その方法で宣教活動をする開拓者もいました。

私は、こういう組織の提案する宣教方法に対する違和感から、アウトプットのミスマッチという問題を解消できずに居ました。

そのため、宣教活動が苦になり、脱組織の一因となったのです。

そして違和感の正体がわかり、心が離れたのはもう少しあとのことです。

« 印象に残った聖句その2 ~人を許すということ~ | トップページ | 夏のボーナス »

脱組織への道のり」カテゴリの記事

コメント

ハッキリ言って組織の出している証言方法は働いたことのない中級家庭の主婦向けかと個人的には思いますよ。


そして今回挙げられている証言を考えたのは途上国にもマトモに行かれた事のない方の意見で笑えますw

私の場合は聖書に書かれていることを述べ、その後「こんな事は普通の常識が分かるor普通に働いている方から見ると馬鹿ばなしですよね
w」と言って、カナリの方が再訪問&研究になっています。

普通に働いているのは、一般人(主婦以外)には、カナリ効果的です。

なるほど~そういう方法もありますね。

ただ、後述しますが、働いたことのない中級家庭の主婦向けの宗教に過ぎないなと思ったのが組織を離れた理由の一つです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 印象に残った聖句その2 ~人を許すということ~ | トップページ | 夏のボーナス »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。