« 書中見舞い申し上げます ~夏ですね~ | トップページ | 地域大会の思い出   ~異性との出会い?~ »

2011年8月 9日 (火)

印象に残った聖句その3 ~女は家事にいそしむように~

かつて私は、家事は女がするものと思っていました。

そういう雰囲気が会衆にもあったと思います。その雰囲気を漂わせるものですが、

テトス2章4節に

「女は家事をいそしむように」とあります。

頭脳労働がメインの先進国においては、時代遅れ感が否めない聖句ですが、

妻にするなら、家事をしないキャリアウーマンより、家事をするパートの方が100倍幸せです。

結婚生活の実感としてそう思います。

話がそれましたが、たまにものみの塔などで、この聖句が出るためか、

食事会のような交わりでは姉妹たちが家事をしていました。

また、未信者の夫の反対が厳しくても家事をしっかりこなしていることが立派な模範である

という経験もありました。

進学校の姉妹の親御さんは、女の子だから大学に行かなくてもいいと思うとか言ってました。

なんというか、一世代前の、女は家庭を守るという昭和的な雰囲気があったと思います。

ただ、結婚を勧めない雰囲気とは矛盾すると思います。

女は家事、男は働く、そして組織内で結婚して子供をエホバの道に!

というスローガンを徹底していれば、2世同士が結婚して残り、信者の数も30万突破していたと思います。

« 書中見舞い申し上げます ~夏ですね~ | トップページ | 地域大会の思い出   ~異性との出会い?~ »

聖句シリーズ」カテゴリの記事

コメント

日本JWの教えは、所々ズレている気は拭えませんね。


女は家事にいそしむように→夫の収入がある程度無ければ難しいですよね。
でも男子は資格を捕らえるように→全時間働いていたら難しいです。自営業や、ある程度の役職についているなら別ですが2世や3世に最初から求めるのは無理です。夫は妻の精神的&肉的&霊的な必要を満たすように→全ては無理でしょう。

まずは、仕事&収入&世間の立場
次に家族を幸せに。
その後、まだ余裕があればJW内の資格を捉えられる方が捉えれば良いかと。

まぁ組織の教えというよりか、理想という意味ですな。
労働の大変さを知らないお偉方のお花畑です^^;

共働きなんだから、家事は「分担」してほしいと思う私はJW失格ですねw
どうやって説明しても「お手伝い」の域を出ないようなので、疲れたときは「ちょっとお手伝いして」と言ってこき使ってますがw

男性は収入比で家事分担比を考えますよ。
女性は時間比で考えるようですが・・・。
私のところは収入比1:1ですので、家事比も1:1でキレイに分担しています。

あと、説明は小学1年生に教えるようなつもりで教えないと、分からないと思います。
一般的な男の家事能力は、脳の構造上と、学生時代に訓練されてないこともあり低いです。

お久しぶり~

>私のところは収入比1:1ですので、家事比も1:1でキレイに分担しています。

お!えらいね! そんな単純なことが理解できない男が多いこの日本国で、えらいよ~!

>あと、説明は小学1年生に教えるようなつもりで教えないと、分からないと思います。
>一般的な男の家事能力は、脳の構造上と、学生時代に訓練されてないこともあり低いです。

それはちと違う。親の教育の責任。うちの学生は、しっかりと家庭で家事を教育されている子が比較的多いよ。w 多分母親が専門職の子弟が多いからだと思う。
それに「男だから家事が出来ない」なんて言うと、一歩日本から出たら「自立してない」と同性から小馬鹿にされるから損だよ~w

ねこさん、お久しぶり!
親世代が、まだ男女雇用機会均等法前の時代なので、
男女平等っていう意識はあっても、子供の頃から習慣ついてないってのが大きいですね。
私の嫁は料理を放棄しました。面倒だといって・・・。
ということで、私のメインの家事は料理です。

>私の嫁は料理を放棄しました。面倒だといって・・・。
>ということで、私のメインの家事は料理です。

男性の資質(五感と観念の直結力)は料理に向いているの。
料理はある意味、観念的、貴族的な仕事です。
太古の昔からプロの料理人は男性の世界。

プロじゃなくてアマです><
料理は食欲がモチベーションとなり何とかできるってレベルです。
肉じゃが以上のものは作りませんが・・・。

噛んで含めるように言ってるんですがねえ…
料理そのものは嫌いじゃないので、日々適当にやってますw
母の影響で、「だしが濃くて薄味」らしいです。

鶏肉をしょうゆ大3酒水各カップ1砂糖大2しょうが適量で煮ると照り照りで美味しいですよー
どの部位でも美味しくいけます!砂糖の代わりにタマネギも美味しいですw
煮あがるまで放っておけばできあがるので、よく作りますw

なるほど、
あぁめしこさんと結婚したかったw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/41144034

この記事へのトラックバック一覧です: 印象に残った聖句その3 ~女は家事にいそしむように~ :

« 書中見舞い申し上げます ~夏ですね~ | トップページ | 地域大会の思い出   ~異性との出会い?~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。