« 印象に残った聖句その8 ~風俗はOK~ | トップページ | 社会人になって思ったこと ~世の中不合理なことだらけ~ »

2012年1月24日 (火)

いざ家庭裁判所へ ~離婚へ向けて~

妻が家を出て行ってから1ヶ月間、これからの方針について自分の心と向き合って決めました。

振り返ってみると妻が人格破綻者であることが、よく理解できました。

・目があうと、「がんとばしてるんじゃねぇ」と叫ぶことがある。

・写真を飾ると、私は見世物じゃないと叫ぶことがある。

・家事をするより、テレビを見る方が楽しい、だから家事はしないと家事放棄。

・リラックスしているお前をみるとイライラするんじゃぁと殴ってくる。

・体に触れると、セクハラじゃぼけぇと叫ぶ。

・包丁を出して暴れる。

彼女と結婚したのは、若さゆえの過ちでした。

まぁ、菅野美穂に似てキレイなのが唯一のいいところです。

顔がキレイなだけに、内面まで見抜けなかったのかな。

いや、そんな人格破綻者がいるという認識がなかったのでしょう。

妻の母親は、あなたと結婚することでそういう性格が直ったらいいな思ってたのよ。とか抜かしました。

きちんと説明責任を結婚前に果たしてください。

この娘は包丁を振り回すけどいいですか?ってね。

まぁそういうわけで、離婚して、人生をやり直すしかないとの結論に至りました。

とはいえ、礼儀として復縁を申し込みました。

家庭裁判所に行って、同居するように求める調停を起こしました。

すると、その調停にぶつけて、妻は、離婚を求める調停を起こしてきました。

その申立ての主旨を見ると、

「夫の顔を見るだけで、自殺したくなって包丁を振り回してしまう。

こんなに追い詰められているため、婚姻は継続できない」

という要点のことが私の悪口とともに、A4用紙5枚くらいで書かれていました。

しかも敏腕弁護士を立てています。金持ちだなぁ・・・。

ってか、こんな理由で勝てるのか?

なんだか疲れるなぁ _ノフ○ グッタリ

まぁ結婚式代くらい返してもらえるよう調停を頑張ろう。

« 印象に残った聖句その8 ~風俗はOK~ | トップページ | 社会人になって思ったこと ~世の中不合理なことだらけ~ »

私事」カテゴリの記事

コメント

ね、一度は好きになった相手なら、離婚問題は「黙して語らず」が良いですよ~

あとね、半分は「相手を見抜けなかった自分の責任」だということを忘れないでね。

もうひとつ、個人的には「女性と別れるときは、男は金銭的には裸になってナンボ」と思います。

お金なんで天下の回りものですもの、また稼げば良いのよ。w

そうかなぁ・・・?
民事的に悪いのはあっちだから(同居義務違反)、
当て逃げされて泣き寝入りするようなもんだと思うよ。
あと、結婚式のローンが100万弱残ってるんで><

男は金銭的には裸になってナンボというのは、女が考えた都合のいい考えだと思います。

お久しぶりです。

とりあえず、きちんとご自分の意見を伝えたほうが良いと思います。

男が一方的にお金を払う必要は無いと思いますよ。

弁護士さんを通すのが良いと思われ。

なにやら大変なことになってますね。お疲れ様です。
別れる苦労って大変ですよね、恋愛でも大変ですから結婚はもっと大変だというのが分かります。
色々とお辛いでしょうががんばってください。
確かに、非があるならば徹底的にそこを追求していくべきだと思います。
裁判ってそういうものですから。男女云々関係ないと思います。

らあさん、複雑な案件じゃないので弁護士はいらないです。

Arlecchino さんコメントありがとうございます。
なにやら仕事も楽しそうで、家庭もうまくいっているようでうらやましいです。

自分も同じような経験をしたもので。

お仕事しながらは大変だと思いますが(自分は仕事を休みたくなかったので弁護士に依頼しました)、体調に気を付けて頑張ってください。

体調不良で仕事休みまくりです。
下痢と嘔吐が止まらない><

ボイスレコーダーなど、録音はありますか?
日記などはつけていたのでしょうか?
きちんとした証拠がなければ、真実はいとも簡単に覆ります。
相手が弁護士を雇えたということは、相手にも勝算があるからです。
大体、日本の司法は女性に優しくできていますからね。。。
気をつけてくださいねっ

あと、ねこさんの言ってることは私には到底理解できません。
これがスイーツ(笑)ってやつなんですね…
慰謝料は、どちらが悪かったのかをはっきり世間に知らしめることができる手段です。
ここで諸葛さんが慰謝料を支払ってしまうと、世間では諸葛さんが原因で離婚したのだと考えます。
これは人生においてかなり不利です。当然、再婚にも不利になります。
男ならば金を払って黙って耐えろというのは、女性が寿退社するのが当たり前だった時代の話です。
女性に都合のいいところばかり残し、都合の悪いことは知らん振りでは、「大人の女性」とはとても言えないでしょう。

相手の書面が語るに落ちてる感じなので、まぁ楽勝かと思います。

まぁ、男女平等ですからね(・∀・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/43858133

この記事へのトラックバック一覧です: いざ家庭裁判所へ ~離婚へ向けて~:

« 印象に残った聖句その8 ~風俗はOK~ | トップページ | 社会人になって思ったこと ~世の中不合理なことだらけ~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。