« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

今だから分かること  ~組織の嘘つき~

もう何年も私はエホバの証人組織の言う「この世」に適応して日々の暮らしを送っています。

仕事も実力は下位でありながら、それなりに、行政をこなしてきました。

恋愛も、もてないながらも、好きだと言ってくれる人がいないわけではありませんでした。

かつて、私は、「親の庇護下」にあるという意味で、この世で暮らしていると言えませんでした。

その時には分からなかったけれども、今になって思うことがあります。

・組織はこの世は性の不道徳で満ちているという→上位1割の話

・組織はこの世は物質主義で富を追い求めているという→仕事に追われているだけ

・組織はこの世は利己的だという→けっこう皆やさしい

結局この世の悪い部分をクローズアップしていただけで、実際は、組織の方が世の中の平均より、不道徳で、物質主義で、利己的だったりするのです。

2012年2月24日 (金)

離婚しました  ~疲れた~

Rikon 離婚しました。疲れました・・・。

とりあえず、心の傷を回復させます。

今は、心の傷による機能性胃腸障害で体重が-10kgとなりましたので、

体重の増加が回復の目安となるでしょう。

しかし、調停の最後に出てきて調停調書を読む裁判官が偉そうなこと・・・。

役所における議員的な立場なのでしょう。

2012年2月23日 (木)

印象に残った聖句その10 ~パッチリした目がかわいいね~

Hato 聖書によれば、目がパッチリしていることは美人の象徴です。

ソロモンの歌1:15で

ご覧,わたしの友よ,あなたは美しい。ご覧,あなたは美しい。あなたの目は,はとの目のようだ。

と、ソロモンがシュラムの娘を口説いています。

これを、私生活に適用してみると、

「○○姉妹、姉妹の目は、聖書の見方によると美人の象徴ですね。」

「ソロモンの歌の中でソロモンは君は目がパッチリして美しいってシュラムの娘に言ってるんですよ」

ってな感じで、口説けるのではないでしょうか?

2012年2月21日 (火)

家庭裁判所で離婚調停その2 ~今後の方針~ 

私の同居and離婚調停問題について、色々な人に相談しましたが、

今週、2回目の調停があるということもあり、

某家庭裁判所の書記官が身内にいるので、相談してみました。

「亮君、大変だったね~。でもキャリアウーマンの半分は離婚しているからねぇ。

最近、こういうケースもたまにあるよ。でも、裁判所に来るってのは子供の親権と養育費

で揉めているケースで、亮君のような場合は、裁判所に来る前に離婚届けを突きつけられて別れてしまうね。

相手の書面を見る限り、結婚と言う制度に性格が合わないから嫌になって理由をつけて

離婚を要求しているようだね。

まぁ、さっさと別れて、家庭的な人に再チャレンジするべきだよ。何事も撤退戦略が大切よ」

って訳で、やはり、人生を共有するということに向いていないため、嫌になって離婚すると言うケースもあるようです。

そういう人と結婚したと言うことは、そういう人もいるんだということを認識できたという意味ではいい経験になったでしょう。

そして、戦略的撤退をして、再チャレンジすべきでしょう。

「亮君、慰謝料のことだけどね。

婚姻期間が数年で、結婚のために仕事をやめたとかそういう事情がない場合、

相手が不貞だったというもっとも非があるケースで100万円。

流血するほどの暴力で50万円。

悪意の遺棄1件30万円。

精神的な暴力10万円。

が、Maxと思っていいよ。

亮君の場合、同居の拒否、性交渉の拒否、精神的な暴力が証明されているから、30×2+10で70万円がいいとこだと思うよ。

とりあえず、倍の140万を請求してみたら?請求額が交渉の天井となるからね。

あまり、大きな額を請求したら、調停委員が奥さんの味方になるしね。

まぁ、奥さんも、書面から見る限り多分戸籍で一緒になってること自体嫌で、早く婚姻関係を解消したがっているようだから、

これまでの経験上、70万+αってとこだと思うけど。」

結婚にかかった費用の半分もでないではないかと思いましたが、

「ところで何でこんなにも嫌われたのかな?」と聞いてみました。

「細かい事情はもちろん分からないけど、別れる夫婦は3つの条件のうち2つ以上満たしてないよ。

亮君の場合は、知的レベルがあってない、容姿レベルがあってないのが根底にあるんだろうね。

亮君が知で勝るから、相手が先にキレて暴力を振るうんだろうし、

実際に、この不細工が!見ているだけでムカツクんだよ!って叫んでるから、そうなんだろうよ。

でも、包丁を出すほどキレる暴力性と、顔が変わるわけでないことを考えると、

奥さんが感情的過ぎることが直接的な原因だね。」

というわけで、

・離婚の原因は妻の逆DV+悪意の遺棄ってことで自分を納得させて新たな道を歩む

・その印として慰謝料をもらう。

・とりあえず、休養をとって休む。

・回復したら新しい出会いを探す

以上、今後の方針でした。

2012年2月18日 (土)

あんな人こんな人その11  ~売り時を逃したひらみ姉妹~

社会で恋愛も仕事もできなかったため、エホバの証人社会に取り残された何事も平均未満の

平未姉妹がいました。

容姿も学校の成績も、コミュニケーション能力も、事務能力も、奉仕時間も注解能力も平均未満の

埋没型の姉妹です。

しかし、そんな平未姉妹にも結婚話が持ちあがったことがあります。

20代前半に何件かあったのです。

一方は長老からのオファーでした。

しかし、平未姉妹は奉仕&貧乏な生活は嫌だからと断りました。

もう一方は、高卒電力会社員でリッチでした。

しかし、デートのエスコートが不満で断りました。

30過ぎたころ、バイトすら見つからないその姉妹は、エホバの証人の家族経営会社に事務員として雇ってもらいました。

しかし、仕事がおもしろくないとか言って、辞め、失業保険で生活しているようです。

そして、会衆の若い人に、高卒電力会社員が中々結婚しようと言ってくれないとか、

とんちんかんな相談をしていますヽ(´▽`)/

20代前半の若さボーナス加算時という売れ時を見誤ったのに気づいてません・・・。

延々と続けてきた単調なバイトが嫌になり、チヤホヤされなくなって人生が面白くなくなってから、

リッチな兄弟と結婚して楽になりたいと心から思うようになってからでは手遅れです。

ちなみに高卒電力会社員リッチ兄弟は、チビデブケチなのでまだ独身です。

平未姉妹の失業保険が切れ、経済的に追い詰められたとき、どういう行動にでるのか楽しみです。

2012年2月17日 (金)

寒波到来を実感したこと ~ガス代高すぎ~

この1ヶ月のガス代の請求がきました。

計算すると風呂1回あたり、幕の内弁当以上のお金がかかっていました。

ニュースで寒波到来w(゚o゚)w って連日やってましたが、それを実感した請求書でした。

いや~今日も雪が降りしきる中、現場の監督をして寒かった。気持ちは写真のよう。

Kanpa_2

2012年2月16日 (木)

エホバの証人組織を離れた理由その7 ~社会への適応~

A S 公開講演やものみの塔研究、また大会での話しで、不道徳や物質主義を避けるように

という話が繰り返しされています。

ここでいう不道徳とは、夫婦以外の性関係であり、物質主義とはフルタイムで働くことです。

つまり、世間並みの恋愛と労働をすることをエホバの証人組織は禁じています。

それもそのはず、エホバの証人組織活動は並の人間では、恋愛や労働と両立できないほど、

時間や労力をとられるからです。

学生の頃、2世が離れる原因が雑談で話題になることが多く、女性は恋愛で、男性は仕事で離れるという結論になりました。

逆に言えば、恋愛も仕事もできない人が、いつまでもエホバの証人組織で活動をしているのだと思いました。

つまり、専業主婦と非正規社員の道楽というわけです。

そういうわけで、公務員となった私が組織と道を別にしたのも必然でした。

2012年2月 3日 (金)

家庭裁判所で離婚調停その1 ~失恋の痛み~ 

今日は、家庭裁判所で、離婚調停&同居申立調停の第1回目がありました。

まず、同居してやり直したい旨を伝えると、

顔を見るのも嫌だ、慰謝料はいらないから離婚したいとの回答がありました。

調停委員の話によると、

・夫婦は同居して協力しなければいけないが、強制はできない

・相手は、階と時間をずらしてというほど嫌がっている

・円満は無理っぽいけど、次回までに良く考えて

という感じでした。まぁ、実際には、かなりオブラートに話してくれるんですが・・・。

帰って風呂に入った時、涙が止まりませんでした。

失恋と同じなんですね。

相手の恋が冷め、嫌われたという事実が確定し、感情も確定したのです。

たとえ、家事を放棄し、暴力をふるい、服をひきちぎって、包丁を持って叫び回る妻でも

一人の女性を幸せにできなかったという自責の念も涙となったのでしょう。

裁判所の待合室で、知人の女性に出会いました。

上戸彩似の可愛い女性ですが、夫の顔を見るのも嫌になって別居したので、この際、離婚することにした。と、私と同じようなケースでした。

何が嫌かを聞いたら、家事を言われたことしかしない、給料が安い、ということでした。

それ、結婚する前から分かることだよね?と聞くと、分かってたけど、できちゃったから仕方なかったとのことでした。

まぁ、色々話をしましたが、結婚がうまくいくには、夫婦双方に「結婚は仕事と同じで嫌なことが多いもの」という前提条件がないと

不満がたまり、それが嫌悪感へと変わり、離婚へといたるのだと思いました。

違うのは、それが1年後か20年後か定年後か死後かだけです。

2012年2月 1日 (水)

印象に残った聖句その9 ~王国会館での会話から逃げなさい~

「淫行から逃げ去りなさい」とコリント第一 6:18にあります。

私の会衆では、というか多くの会衆では、この聖書を根拠として

王国会館で雑談を若い男女がすることさえ、避けるべきこととしています。

確かに、会話して仲良くなることなしに、セックスへといたることはないので、

拡大解釈としてはありだと思います。

ただ、王国会館での雑談を禁じた場合、異性との会話は学校や職場のみで行うことと

なります。

しかも相手はエホバの証人ではないので、セックスへの序曲として、話しかけてくることもあります。

そうした場合、王国会館と違って目が届かないので、いかに厳格であっても長老や親はふせぎようがありません。

つまり、王国会館での若い男女の雑談を妨げることは、エホバの証人ではない人との雑談を助長することになり、

「淫行から逃げ去りなさい」という聖句をエホバの証人的に守らせる妨げとなっているのです。

そこまで頭が回らないのは、長老や親は単に自分が若い頃異性と雑談を楽しめなかったことから来る嫉妬や儒教的精神に基づいて、

王国会館での会話から逃げなさいと指示しているからです。

そんなことに気づいた時、聖書に基づくのではなく、自分の感情に基づく行動をとる人の集まりだと思い、組織に幻滅したのです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。