« 夏といえば ~それは地域大会だった~ | トップページ | an・anを見て  ~そりゃあ、エホ証にはまる人もいるね~ »

2012年8月11日 (土)

印象に残った聖句その17 ~清濁併せ呑む~

馬鹿正直という言葉があります。

エホバの証人は馬鹿正直に組織のルールを守っている感があります。

聖書を見ると、家令が、今で言う天下りのために便宜を図っている例があります。

ルカ16:4

そうだ,どうすればよいか分かったぞ。わたしが家令職から外されたとき,人々がわたしを自分の家に迎え入れてくれるようにするのだ』。5 それから彼は,主人の債務者をひとりひとり自分のもとに呼んでから,最初の者にこう言いました。『あなたはわたしの主人にどれくらい借りがあるのか』。6 彼は言いました,『オリーブ油百バトです』。[家令]は言いました,『あなたの契約書を受け取り,座って,早く五十と書きなさい』

なんと、違法に借金を半分にしちゃってます。

後にイエスはこの家令を賢いと肯定的に評価しているので、

決して馬鹿正直に生きる必要はなく、多少ルールを曲げてもいいということが判ります。

ま、日本風に言えば、清濁併せ呑む大胆さも必要ってことではないでしょうか。

« 夏といえば ~それは地域大会だった~ | トップページ | an・anを見て  ~そりゃあ、エホ証にはまる人もいるね~ »

聖句シリーズ」カテゴリの記事

コメント

 エホバの証人の教義はかなり変化しているものもあります。
 その例としては、クリスマスがあげられます。現在ではクリスマスを祝ってはならないといってますが、祝っていた時期があるのです。
 組織の都合で変えられる教義は守る必要がないのかもしれません。

まー馬鹿正直に、地域や学校のクリスマス会みたいなのを
避けるのは良くなかったなぁと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/46651444

この記事へのトラックバック一覧です: 印象に残った聖句その17 ~清濁併せ呑む~ :

« 夏といえば ~それは地域大会だった~ | トップページ | an・anを見て  ~そりゃあ、エホ証にはまる人もいるね~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。