« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月22日 (土)

自分の頭で考えようその1 ~親の愛情不足と言うけれど~

エホバの証人2世が一番最初に離れる原因として、親の愛情が足りないから

集会や奉仕に行かないで世の友達と遊ぶようになると言われいます。

さらに、異性との普通の付き合いが原因で離れていくときも、

親の愛情が足りないから異性に愛情を求めると言われています。

その上、うつ病になったりして集会にいけれない状態になると、親の愛情が

足りないからうつ病になったんだと陰で言われます。

組織のこの言い方は、親の子どもを想う気持ちを巧みに突いた方法であり、

親の罪悪感を引き出し、子どもに宗教を強制させるうまいやり方だと思います。

実際には、親の愛情不足ではなく、親離れです。

創世記に「その父と母を離れ」あるように自然の発達段階です。

仲間を作り、集団行動をするようになるという成長によって、

老人の決めた単なる宗教活動である集会や奉仕からは遠ざかるのです。

また、親から愛情を受け、大人の精神になったからこそ、集会や奉仕で

無為な時間を過ごすのではなく、供に人生を過ごすパートナーを見つけようとするのです。

そして、親のゆがんだ愛情が、それらを禁止し、子どもを無理に宗教に縛り付けるとき、

子どもはうつ病になるのです。

結論としては、親の愛情を正しくそそげば、自然とエホバの証人を卒業していくから、

気にしなくていいということです。

2012年9月 7日 (金)

an・anを見て  ~そりゃあ、エホ証にはまる人もいるね~

毎日の残業前に、コンビニで雑誌をちょくちょく立ち読みします。

その中で30前後のキャリアウーマンを対象にしたan・anという女性誌があるのですが、

この間は、手相で全てが分かるって感じの特集がページの2/3くらい組まれました。

女性って、バリバリ働いてる比較的合理性のある人でも、こーいう科学的でない決め付けが

好きなんだなぁと思いました。

そりゃあ、非合理的な理論てんこ盛りのエホバの証人の教えに惹かれる人がたくさんいるのも、

納得しました。

まぁ、直感と言うか、思い込みを正当化する根拠が欲しいのだろうなと思いつつ、

そういう、根拠のない思い込みを押し付けてくる迷惑至極な存在が女性というもんだなと

改めて感じました。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。