« 人の幸せとは ~結局組織は不幸量産~ | トップページ | 昨日と同じ今日、されど違う明日 ~懐古完了~ »

2012年12月 7日 (金)

13年ぶりに偶然であった ~この道しかないという~

Miti 今日、市役所の土木課的なところに仕事の話をしにいったら、

1階で住民票を交付してもらいに来ていた美沙姉妹がいました。

美沙姉妹は控え目で、きれいで、家事もしっかりするいい姉妹です。

あと10年若ければ、「この後ケーキでも食べに行きません?」と誘っていたと思います。

美沙姉妹には、分け合って集会に行ってないことを話したら、穏健的にではありますが、

「この道しかない。命がかかっているから」とかいう趣旨のことを言ってました。

まぁ、主観的な思い込みで失当だと思いましたが、せめて、

「色々道はあるけど、この道が好きで選んだのよね~。」と

幸せそうに言って欲しかったです。

まぁ、エホバの証人組織の言いなりに普通の幸せを放棄しないと命がないという

洗脳された人生を歩んでいるなぁと思いました。

そんな昨日と変わらない今日、今日と変わらない昨日がずーと続く日々で幸せなのでしょうか。

普通に生きてたら、きれいで家庭的な姉妹なので、優しくて安定した収入のあるいい男と

結婚して、子どもが2人いて、平凡な幸せを手に入れていたと思います。

« 人の幸せとは ~結局組織は不幸量産~ | トップページ | 昨日と同じ今日、されど違う明日 ~懐古完了~ »

人物懐古」カテゴリの記事

コメント

 けっこう無念ですよね。彼女の心はかなり揺れたと思います。

確信に満ちた目をしてたよ(;´Д`

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1424260/48111863

この記事へのトラックバック一覧です: 13年ぶりに偶然であった ~この道しかないという~:

« 人の幸せとは ~結局組織は不幸量産~ | トップページ | 昨日と同じ今日、されど違う明日 ~懐古完了~ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。