覚醒後

2015年2月 5日 (木)

終わりは近いということをどう思ってるの?

集会や奉仕に行かなくなったことを、エホバの証人は「離れた」と言います。

専門用語では「失われた羊」と言います。

まさしく超上から目線です。

しかし、実態は、「覚醒した」とか「気付いた」という表現がふさわしいと思います。

エホバの証人組織が、この世で不幸な日々を送っている人々に自力では抱けない夢と希望を与える代わりに時間を奪う組織に過ぎないってことに気付いたのです。

そういう意味では、「まだ夢見てるの?」って感じます。

先日、子供のころからの付き合いの平均寿命まであと5年って感じの姉妹に

ばったり会いました。

そして、「終わりは近いということをどう思ってるの?」と聞かれました。

「う~ん。100年前から終わりは近いって言ってますしねー。

使徒たちも、今、王国を実現されるのですか?ってイエスに言ってますしねー

スローガン見たないなもんだと思いますよー」と言いました。

心の中では、「この世の終わりより、姉妹の命の終わりが近いですよー」

と言いたくなりましたが。

終わーりが来るーさ いつか来る

集会行ってる俺には夢がある。

いつーか きっと 中年になる前に

ハルマゲドーン

離れて、就職して結婚したやつがいる。

組織に残って、月給10万独身の俺がいる。

いつーかきっと 生きてるうちに

楽園さー

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

エホバの証人リンク集

  • いいえ私はJW2世
    自然消滅した元二世が、JW(エホバの証人)について語るブログです。 JWの世界が面白く書かれています。
  • エホバの証人の下半身事情
    貧乏開拓者から公務員へ逆転ホームランを打った人です。 面白くエホバの証人時代のことを語ってます。
  • 『脱JWサクセスストーリー』
    相互リンクさせていただいています。 題名のとおり、2世として成人した人が うまく脱組織できた事例です。 これから辞めようと思う人は参考にしてください。
  • 諸葛茶屋
    手前味噌ですが、 エホバの証人同士が語り合う掲示板です。 対処しにくい危機の時代に疲れた方へ。